>  > 今日に限って下半身の勢いが悪かった

今日に限って下半身の勢いが悪かった

大宮の風俗嬢のおまんこは既にぐっしょぐしょ。かなりの敏感体質らしいです。四つん這いにさせ指を激しく動かしてみればさっそく潮吹きまでしました。ベッドがびしゃびしゃになった所で、フェラチオをさせます。のどの奥まで突っ込んでやると「うぅえぇ」と苦しそうな顔をしながら唾液を垂らす。ぬるぬるになった唇で一生懸命にサービスする姿にゾクゾクが止まらず、そのままバックの体勢でスマタです。うしろから見ても形の良いおケツと、自らクリトリスに押し当てて感じてしまっている姿を見ながら腰を高速で動かす。おケツを鷲掴みにしパンパンとリアルな音を出しながらのスマタはエキサイトしさらに盛り上げました。さらに正常位のスマタへ切り替え、上下に揺れる綺麗なおっぱいを力強く握れば、さらに声を大きくしてあえぎ始める程にM体質。その綺麗な顔が気持ち良さでいやらしくゆがんでいく姿には我慢も出来ずに精液どぴゅっと発射。連日の残業で疲れ果てていたのか、いつも2回戦目に突入出来るのに今日に限って下半身の勢いが回復せずプレイ終了。

[ 2014-07-29 ]

カテゴリ: 首都圏の風俗体験談